ナビ背景

パワーポイントとは

パワーポイント(PowerPoint)とは、ウィンドウズ用ソフトのマイクロソフトオフィス(Microsoft Office)に含まれるソフトであり、主にプレゼンテーションに用いられるソフトです。
「プレゼンテーションとは?」って聞かれてしまうと、私もはっきりと説明することはできませんが、相手に何かを伝えることですよね。
学校や会社等で何かを発表するときに多くの人にプロジェクターを使って、資料等をみせますよね?
それが、自分のレポートだったり、仕事の成果だったりする場合は、その発表することをプレゼンテーションと言うと思います。

プレゼンテーションに使う、資料を簡単に作成することができるソフトがパワーポイントなのです。

実際の画面でパワーポイントの使い方をご紹介

基本的な使い方このサイトは、パワーポイントをほとんど使ったことが無い人の為に、基本的な使い方をご紹介させていただくサイトです。
基本的な使い方を知ってしまえば、後はなんとなくで使えるようになるのが、ウィンドウズのソフトの良い所です。とにかく基本が大事です。
わかりやすい様に実際のパワーポイントの画面で使い方をご紹介させていただいております。

私自体が完全にパワーポイントを使いこなしておらず、また、デザイン等のセンスが無いので、ベストな使い方をご紹介することは難しいのですが、本当に基本的な使い方はご紹介することができますので、少しでもみなさんのお役にたてればと思います。

昔はパワーポイントはありませんでした。

便利なツール私が学生だったことは、パワーポイントはもちろん、まだパソコン自体が学校には無く、透明なシート(OHPシート)に絵や文字を書いて、それをプロジェクター(オーバーヘッドプロジェクター)で、白いロールスクリーンに映して発表等をしていた記憶があります。

最近はまだ学校にオーバーヘッドプロジェクターとかあるのでしょうか?
あのメカメカしい感じが私は好きだったのですが、もう何十年も見ていない気がします。
今では、小学校でもパソコンを使っての授業を行っていると聞きますので、もうOHPシートに手書きではなく、パソコンの画面をプロジェクターで見ているのかもしれませんね。
さすがにパワーポイントまで使っているとは思えませんが、意外と中学校とかではパワーポイントが使われいるかもしれませんね。

パワーポイントの使いどころ

社会人には必須のスキル大学生や社会人になると、卒研や会議、客先への商品やプロジェクトのプレゼンテーション等でパワーポイントは必ずと言っていいほど使われるようになります。

私も最初はエクセル(Excel)で書いた画面を使ってれば良いと思っておりましたが、パワーポイントは使ってみると意外と簡単で、見栄えの良いプレゼンテーションを行うことができるソフトであるということがわかりました。

そもそも、会社に入った時点で、パワーポイントを使ったことが無いと上司に言った際に、珍しい人を見るような目で見られたことを覚えています。

会社ではあまりソフトの使い方を教えてくれるようなことはありません。
仕事をこなしながら使い方を調べ、パワーポイントで資料を作らなければいけません。
営業等の場合は、その資料が仕事をとることが出来るかに関わってきますが、その場合は専門の人が資料を作ってくれます。
成果の発表などでは見栄えは置いてといて、内容を伝えることが大事になります。
それは、パワーポイントの使い方の基本だけでも押さえておけばできることです。
しかし、基本的なことがわかっていなければ何もできないですよね。

このサイトが少しでもみなさんのお役に立てればと思います。